Supremeアメリカ版Wikipediaにはどんなことが書いてある?

Supreme日本語版Wikipediaってないの?

Supremeの日本語版Wikipediaはごくごく最近誕生しました。まとめてくださった親切なかたに感謝です。
それまでは、Supremeといえば松田聖子のオリジナルアルバムの記事しか出てこなかったものです。ようやく簡単にSupremeの情報が調べられるようになりました。

Supremeの海外版のWikipediaには何が書いてあるの?

Supremeに限らず、Wikipediaは言葉や物事の全体像をまとめて理解することに非常に役に立ちます。筆者がリサーチに使う際、その国の母語のWikipediaを検索することがよくあります。英語版のWikipediaにもSupremeのページがあり、色々なことが書いてあります。

https://en.wikipedia.org/wiki/Supreme_(brand)

英語が苦手という方もおられると思いますので、下記に内容を日本語にしたものを掲載いたします。

Supreme英語版Wikipediaの内容

概要

Supremeはスケートボードショップであり、1994年4月にニューヨーク市に設立された衣料品ブランドです。スケートボード、ヒップホップ、パンクのロックカルチャー、そして若者文化に溶け込んだブランドです。Supremeは衣類やアクセサリーを生産し、スケートボードも製造しています。靴、衣類、アクセサリーは流通市場で広く販売されています。

白い「Futura Heavy Oblique 」の「Supreme」を持つ独特の赤いボックスのロゴは、主にBarbara Krugerのアートが元になっています。

【広告】



歴史

SupremeはJames Jebbiaによって設立されました。彼はアメリカで生まれましたが、19歳になるまでイギリスに住んでいました。1994年にマンハッタンのダウンタウンにあるラファイエットストリートに最初のSupreme店がオープンしました。スケーターを念頭において設計されたユニークなデザイン店舗のレイアウトが採用され、店の周りに衣服を並べることによって、大きな中央のスペースは、バックパック付きのスケーターが店内にスケートして快適に感じることを可能にしました。 2004年に、ロサンゼルス、カリフォルニアオリジナルの北フェアファックスアベニューに2店舗目がオープンしました。ニューヨーク店舗のほぼ倍のサイズで、屋内スケートボウルを備えています。他には2016年にオープンしたパリ、2011年のロンドン、東京(原宿、代官山と渋谷)、名古屋、大阪、そして福岡に店舗があります。

Supremeは、2017年10月3日、ニューヨークのブルックリンに新規出店すると発表しました。それは2017年10月5日にオープンし、11番目の最新の店舗となりました。また、ニューヨークの2番目の店舗でもあります。2017年10月6日、Supreme創設者のJames Jebbiaは、プライベート・エクイティ会社のThe Carlyle Groupに約50%(約5億ドル)の株式を売却したことを発表しました。

コラボレーション

Supremeは、以下のようなブランドとのコラボレーション経歴があります。ナイキ、エアジョーダン、バンズ、クラークス、ノースフェイス、ヘインズ、プレイボーイ、リーバイス、ティンバーランド、コム・デ・ギャルソン、ストーンアイランド、アンダーカバー、ホワイトキャッスル、ヒステリックグラマー。2017年1月18日、ルイ・ヴィトンとのファッションショーを開催し、2つのブランドはコラボレーションを行いました。このコラボレーションを特集したポップアップショップは、2017年6月30日にシドニー、ソウル、東京、パリ、ロンドン、マイアミ、ロサンゼルスでオープンしました。「このようなイベントは、[ボンドストリート]のために提案されたことを遺憾に思う」との声明を表明した後、ニューヨーク市のポップアップストアのルイ・ヴィトンの提案は、マンハッタンのコミュニティ委員会により拒否されました。

SupremeはUrs Fischer、Harmony Korine、George Condo、Rammellzee、Ryan McGinness、KAWS、Larry Clark、Jeff Koons、Richard Prince、Christopher Wool、Nate Lowman、Damien Hirst、John Baldessariの作品を特集したスケートボードデッキをリリースしました。また、Blade、David Sims、前田俊夫、David Lynch、荒木信良、Robert Crumb、Marilyn Minter、Murakami Takashi、Daniel Johnston、Peter Saville、Futura 2000、Adam Kimmel、Bad Brains、HR Giger、Mark Gonzales MC Esher、Dash Snowなどの写真家、アーティスト、デザイナーと協力しています。

2017年にSupremeは、カリフォルニアの秘密の場所にSupremeボックスロゴの大規模なクロップサークルを作成するために、アーティストJohn Lundbergによって設立されたイギリスのクロップサークルメーカーのグループCirclemakersを尋ねました。クロップサークルは、クロップフィールドと呼ばれるSupremeによって生成されたショートフィルムで見ることができます。

ポップカルチャーとのつながり

マイケル・ジョーダン、カーミット、3〜6マフィア、ルー・リード、レディー・ガガ、ニール・ヤング、グッチ・メイン、ナズ、およびモリッシーといった有名人をファッション写真家テリー・リチャードソンは撮影している。ケネス・カペロは、マイク・タイソン、Dipset、マイケル・ジャクソン、そしてレイクウォンといったSupremeの写真Tシャツのいくつかを撮影しました。

Odd Futureのメンバー、オデル・ベッカム・ジュニア、ジャスティン・ビーバー、およびEXOのBaekhyunといった有名人がSupremeを着用しています。

スケートチーム

Supremeの最初のニューヨーク店には、1994年にスケーターチームがいました。Supremeは、2014年にWilliam Strobeckが撮影した最初のフルサイズのスケートビデオ「cherry」をリリースしました。チェリーは以下のようなプロを特集しました。

  • Jason Dill
  • Anthony Van Engelen
  • Mark Gonzales
  • Dylan Rieder
  • Alex Olson
  • Eric Koston
  • Guy Mariano
  • Kevin “Spanky” Long
  • Lucien Clarke
  • Paulo Diaz

Sean Pablo Murphy、Sage Elsener、Aidan Mackey、Nakel Smith、Tyshawn Jones、Kevin Bradleyのスケートキャリアを開始するのにも役立ちました。これらのスケーターのほとんどはYouTubeの動画や雑誌の記事に掲載されていましたが、このビデオは彼らに注目を集めることにも役立ちました。 2017年現在、Sean Pablo、Sage Elsesser、Nakel Smith、Tyshawn Jones、Kevin BradleyはすべてFAスケートボードのプロであり、Aidan MackeyはAlex OlsonのブランドCall Me 917のアマチュアです。

 

最後にSupreme買取ドットコムからのお知らせ

この記事では、SupremeのアメリカのWikipediaの記事について簡単に紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。もし、お家に使っていないSupremeの商品がありましたらSupreme買取ドットコムまでご連絡ください。どこよりも高値で買い取らせていただきます。